So-net無料ブログ作成
検索選択
くーぺさんよりご提供^^ (くーぺさんのブログはこちらから^^) r34-2-01.gif

2014年 Fsクライマックスシリーズ総括 [北海道日本ハムファイターズ]

あぁ・・・ドッと疲れが・・・


例えようのない疲労感に苛まれている銀狼でございます^^;






我がFsの2014年シーズンが幕を閉じました。



何とかクライマックスシリーズ(以下CS)の出場権を獲得し、
3位からの下剋上を狙って奮戦しておりましたが・・・



あと一歩のところで力及ばず




リーグ覇者の福岡ソフトバンクホークスに敗れ、2年ぶりの日本シリーズ出場は叶いませんでした。


Fs終戦02.jpg





「なんだよ!仕事が忙しくて疲れてるんじゃないのか!」とお叱りを頂きそう・・・^^;


もちろん仕事は相変わらずの状況なわけですが、
Fsの勝利が仕事への活力となる私としては、応援にも熱が入るわけですよ。


残業しながらネットのパリーグTV観戦

もしくは急いで家路につき、帰宅早々に着替えもせずテレビの前に鎮座し、応援する日々

家族曰く「テレビの前で観戦する姿は殺気を帯びていて怖かった」そうです^^;;;


要らぬところに力入りまくりの日々だったので、
運動していないのに、なぜか身体が痛い有様(苦笑)




11日のCS1stステージ開幕以来、約10日間ずっとそんな生活を送っておりました^^;




まぁ、それにしても今年のパリーグCSは贔屓目を抜きにしても、
本当に面白い試合が目白押しでしたね。


野球の醍醐味を存分に味わえる試合ばかりだったと感じます。


では、ここでサラッと我がFsの戦いぶりを振り返ってみましょうか。。。

サラッと、と言いつつここから相当長くなります(笑)





1stステージ 第1戦

オリックス 3-6 Fs

先発・大谷が2回に四死球連発で自滅し2失点
Fsファンとしては嫌な気分が漂ったわけですが、その後立ち直りを見せた大谷。
打線も大谷を援護すべく、今や日本球界№1投手である金子千尋を攻略し、逆転。
一度は追いつかれるも、7回表の2番中島のセーフティースクイズが決勝点となり、Fsが先勝。







1stステージ 第2戦

オリックス 6-4 Fs

前日とは打って変わってFsが初回に2点を先制
しかし、オリックス打線が先発上沢を徐々に攻略し、7回にはついに同点へ
だが、8回表にFsが代打稲葉のタイムリーで勝ち越し
流れが一気にFsへ傾いたかと思った矢先、8回裏にオリの4番T-岡田の逆転3ランで
オリックスが対戦成績をタイに持ち込む。






1stステージ 第3戦

オリックス1-2 Fs

前日のオリの勝ち方があまりにも鮮やかだったため、オリ優位の雰囲気が漂った戦前
その雰囲気通り、オリの先頭打者・駿太がホームランを放ち1点先制
その後は両チーム先発が踏ん張り5回まで0-1のまま推移
6回表にFsがまたしても代打稲葉のタイムリーで同点に
一気に流れを持ってきたかったFsだが、膠着状態が続き1-1のまま延長戦へ突入
10回表2イニング目を迎えたオリの守護神平野から中田翔が起死回生の勝ち越しHR!
その裏のオリの攻撃を何とか凌ぎ、Fsが2ndステージ進出を決める。









2ndステージ 第1戦

ホークス 3×-2 Fs

1stステージの勢いを持ちこみたいFsだったが、ホークス先発大隣の前に沈黙
ホークスが1点リードのまま迎えた7回表に中田翔の2試合連続HRをきっかけにFsが勝ち越し
そのまま9回を迎え、先発のルーキー浦野に託し逃げ切りを図りたいFs
しかし、ランナーを溜め守護神増井へ交代
その増井が吉村に逆転サヨナラタイムリーを喫し、Fsとしては痛すぎる1敗








2ndステージ 第2戦

ホークス 1-5 Fs

初戦の逆転サヨナラ勝利でアドバンテージを含め2勝のホークス
勢いそのままに初回裏に3番内川のHRで1点先制
Fsはホークスの先発武田を攻略できずに6回まで来たが、ここでまさかの出来事
守備の名手と言われるホークス今宮のエラーでFsが逆転に成功
その後、畳みかけるように中田翔が3試合連続のHRで勝負を一気に決めた








2ndステージ 第3戦

ホークス 4-12 Fs

前日の良い勝ち方で一気に流れを引き寄せたいFs
その中で最大の不安点であった3番陽岱鋼の不振
しかし、相性の良いホークス先発攝津の相手に一気に陽が爆発
2打席連続HRを含む3安打5打点の大活躍
小谷野や中田翔(4試合連続)にもHRが飛び出し、Fsが圧勝し対戦成績をタイへ持ち込む








2ndステージ 第4戦

ホークス 5-2 Fs

不振の陽岱鋼の復調もあって、ムードは俄然Fs有利の雰囲気に
しかし、先発の木佐貫がホークス先頭打者の柳田にいきなり一発を浴びるなど試合を作れず
2回で早くもKO
打線もホークス先発の中田の荒れ球を攻略しきれずじまい
前日大活躍の陽・中田翔が封じ込められ、ついにホークスに王手をかけられる





2ndステージ 第5戦

ホークス 4-6 Fs

いよいよ後がなくなったFs
栗山監督が「禁じ手」と称していた大谷翔平を先発させ、逆王手を狙うも
その大谷が1stステージと同じくいきなり2回に崩れ4失点
打線もホークス先発スタンリッジを崩せず、嫌な雰囲気のまま7回へ
ここでホークスの投手交代を機に打線が爆発
西川の幻のHRとなる3ベースなどで3点を取り、1点差に詰め寄った後
8回表またしても中田翔の1発でついに同点
その後、延長11回までもつれるもホークス勝利の方程式をFsが攻略し、ついに逆王手をかける










2ndステージ 第6戦

ホークス 4-1 Fs

もう完全にムードはFs主導へ・・・
と思われたが、ホークス初戦先発の大隣が中4日で奮闘
内外角へ抜群の制球力で投げ分け、勢いづくFs打線を抑え込む
ホークス打線も効果的に得点を重ね、大隣を援護
前日の勢いを持ち込めなかったFsは下剋上ならず
ホークス秋山監督が打った大隣先発という「ギャンブル」が功を奏した形に
最後はホークス選手たちの計らいで、この試合が最後となった稲葉・金子誠を胴上げ
戦い終わってノーサイドという素晴らしい締め方となった。。。




お恥ずかしながら、このシーンで号泣しました^^;





長々と振り返ってみましたが、
このCSを私なりに表してみると「勝利の女神って、ホント気まぐれ」だったなぁと。

Fsを始めとしてホークスもオリックスも非常にいい勝ち方をして、
「これで流れが・・・」と思ったら、次戦ではあっという間に相手に流れが行ってしまう。

シーソーゲームならぬシーソーシリーズといった感がありましたね。

両チームもそのファンも全く流れが最後まで読めなかったと思います。

それだけパリーグの各球団の実力が拮抗している、という事なんでしょう。
多分、ロッテや西武・楽天がCSに出ていたとしても同じような熱戦になったかと



CSという制度が出来て以来、その存在意義が叫ばれることがいまだに多いですが、
これだけの試合内容を見せつけられると「これはこれでアリでしょ」と感じるのは
私だけでしょうか?・・・

セ2位の阪神とパ3位のFsがもしシリーズで当たることになったら・・・
という声も聞こえてきてましたし、「真の日本一」を決めるという意味では疑問点も湧きますが
一野球ファンとしては、”野球の素晴らしさ”を見せてくれることが一番ではないかと思うのです。
セのCS1stステージも素晴らしい接戦続きでしたしね




改めて我がFsへ話題を戻しますが、
残念な結果に終わってしまったわけですが、私的には大満足のCSでありました。

主力どころに怪我人や不振続出でまともに戦力が整わないシーズンだったにも拘わらず、
これだけの戦いぶりをみせてくれたFs選手たちに心から拍手を送りたいと思っております^^

そして、栗山監督を始め首脳陣の皆さんにも同じく^^




まだ10月下旬ではありますが、
もう来年の開幕が楽しみで仕方ありません(笑)

だって、ちょっと前まで名も知られていなかった若手の選手たちが
巨大戦力を誇るホークス相手にこれだけ立派に戦えたのですから、
来期は期待しちゃうでしょう~^^ゞ


稲葉・金子誠という柱を失ってしまいますが、
きっと来年の秋には嬉し泣き出来る気がしてなりません。

Fs終戦01.jpg

Fs終戦03.jpg



Fsの皆さん

1年間 153試合(シーズン+CS)の激闘お疲れ様でした<(__)>

まずはしっかりと身体を休めて欲しいと思います。




北海道にFsがあって本当に良かった!!!






来年へ向けて、「あの投手」の残留と「あの内野手」の復帰を何とか実現してもらわなくちゃ・・・
虎さん、「あの投手」獲らないで~(汗)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。